【レーシックの失敗】の記事リスト


レーシックの口コミ

はやりのレーシックについての情報を集める際も、実際の体験者の方がおっしゃることが最も信頼がおけます。
Q&Aやブックマークサービスで人気の「はてな」の代表である近藤さんが、吉田眼科でのレーシック体験をブログを公開しているのを見て、「受けてみようかという気になった」という声も多数いるようです。

女性ならば、神戸クリニックで手術を受けられ、体験談も掲載されている乙葉さんの場合や、錦糸クリニックで施術を受けられたオセロの松嶋さんの口コミなどを参考にされてはいかがでしょうか?男と女の身体は構造が異なりますから、色々不安な点もあるかもしれませんね。

手術に踏み切ったかたの多くは、眼鏡で左右の度差が大きかったり、眼精疲労、強度の近視・乱視でコンタクトでは矯正できなかったり、ドライアイでコンタクトは使用できなかったりと、様々目に関する悩みを抱えた方たちのようです。

実はレーシックには向かない人というのがいます。
角膜が薄い方、疾病により適さない方、老眼、パイロットといった職業上の理由による人、妊娠中の場合などがそれにあたります。

レーシックで失敗すると?

精度が高いとはいえ、レーシックでもデメリットはあります。
口コミ体験談の失敗例などをみてみると、じつは失明の危険性もゼロではありません。ハロー現象といって、レーシックの視力回復手術を受けた後にもかかわらず、失明する場合もあるそうです。
視力がいっこうに回復しなくなったハレーションともいいます。こういったリスクや危険性がレーシックの手術にはあるのです。トラブルや副作用を起こさない為には口コミや掲示板などでクリニック評判や
体験談や失敗談などを念入りに調べる必要があると思います。

ブログなどで、口コミがタイムリーに解りますので、そういったものに目を通されることをお勧めします。視力回復手術は論ガンやドライアイとか不正乱視の方などにとても効果があります。
最近ではイントラレーシック等、様々な種類の手術があります。レーシックは病院選びが大事です失敗や後遺症や合併症にならないように、
リスクのないクリニックを選ぶ事が重要です。体験談などでもよく安全で痛みがないとか時間もかからないと煽り立てていますが、だからといって安全だというわけではないのです。もちろん手術費用は全額自己負担です。
レーシック手術を失敗しないように必ず事前に信頼できる眼科で検査してもらいましょう。安さだけにとらわれてはいけません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。