レーシック手術の前

レーシックの手術を受ける前に不安だったのはやはり手術は怖い、という恐怖感と、「もし視力が上がらなかったらどうするの」

というレーシックそのものに対する不安がありました。

インターネット上のレーシック体験談をあちこち読んで成功している人のお話をもとにイメージトレーニングしていたのです。

やはり安全・大丈夫と聞いていても自分が体験しないと、心の底から信用はなかなか出来ないものです。不安になった時には友達や知人のレーシック手術受けた人にいろいろ聞いたり、レーシック関係の本を読んだりしました。

レーシックを受けた後の自分の生活を、あれこれ想像して、眼鏡やコンタクトが必要なくなる事、お金の面など自身のメリットを考えて不安を遠のけようとしていましたね。

なにより、コンタクト自体は異物をずっと目に入れているのですから、そちらのほうが本当は身体に良くないのではないか、とおもっ足りもしていました。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。